特別な探し方

障害者求人の種類

障害者求人には、一般企業が募集しているものと、就労継続支援事業があります。一般企業が募集している障害者求人は、ハローワークを通して申し込みし、履歴書送付・面接などを合格すると就労できます。 就労継続支援事業には2種類あり、A型事業とB型事業があります。A型事業は障害者と直接雇用契約を結ぶもので、最低賃金も保証されています。A型の求人はハローワークでも出されており、見学・履歴書送付・面接などに合格すると就労できます。 B型事業は、障害者と直接契約を結ばず、比較的自由に働くことができます。ハローワークには求人は出されることもありますが、主に病院や福祉サービスを通して申し込みをします。 A・B型事業所はだれでも働けるわけではなく、それぞれ「通常の事業所で働くことが困難」、「雇用契約を結んで働くことが困難」などの条件があります。

障害者求人の種類と利用法

障害者求人には、一般企業が出している障害者求人と、就労継続支援A型事業所・B型事業所があります。一般企業が出している障害者求人は、ハローワーク経由で出されていることが多いので、ハローワークに申し込みます。一般企業の障害者求人は、最低賃金の保証もあります。 A型事業所は、一般企業で働くことが難しい人向けの求人で、最低賃金の保証もあります。ハローワークで求人が出されている場合はハローワークに申し込みます。病院や施設からの紹介で働く場合もあります。 B型事業所は、雇用契約を結んで働くことが難しい人向けの求人で、雇用契約を結ばずに自律のための支援を受けます。最低賃金の保証はありません。ハローワークで求人が出されている場合もありますが、病院や施設などの紹介で働くケースが多いようです。