勉強を教える

勉強を家庭教師のバイトにお願いする

中学進学とともに塾にいき、中学の勉強と塾の勉強の両方で実力をつけていくことになります。その後順調に成績が上がれば問題がないのですが、なかには、苦手な教科がそのままになってしまうというお子さんもいます。塾では集団授業が行われるために個人の苦手な分野の対策というものはされません。ですから苦手科目や苦手分野は取り残されたままになるのです。でもその部分をやり残すと、あとから苦手分野がテストででたらまったくできないという状態が続くのです。こうしたことの対策は家庭教師をお願いするといいのです。家庭教師は大学生がバイトでやっていることが多いのですが、バイトで家庭教師をやる子は多くの場合、勉強が得意だからやっている人が大半ですから、苦手な分野の対策もよくわかっていますし自分の体験を交えて教えてくれるのがメリットと言えます。

家庭教師のバイトをお願いする注意点

家庭教師をお願いするメリットというのは、その子にあった勉強方法をやってくれるということですが、注意点もあります。それはどういう目的で依頼するのか初めの段階できちんと言わないと、ただわからないところを教えてくれるだけの人になってしまうからです。一番はじめに、苦手な教科や苦手な分野があるということ、そこを強化してほしいということが一番大切なのです。さらに、家庭教師のバイトの先生は真面目な人が多いですが、中にはバイトだから適当にさぼってもいいだろうと思う人もいないとも限りません。ですから親が授業の進み程度などを時々子供に確認するということも必要なのです。子供の教育をすべて子供まかせにするのは、やめたほうがいいのです。